2060年問題とは?予測、未来について考えてみた結果。

どうも!ゆっぺです!

今回は2060年問題について詳しく話していきます。

ぶっちゃけこれからの時代どうやって生き抜かなくてはいけないのかよく考えなきゃいけません。

そこで突入する2060年のやばさについて具体的に考察していきます。

 

  余談ですが、これからビジネスやっていきたいなと考えている人はこちらも必ず読んでください。価値観が崩壊します。アフィリエイトで人生が変わりました→ビジネス初心者向けコーナー。必ずみてください

高齢化社会→老人だらけになる。

2020年既に高齢化社会で子供の人数がかなり減っていっています。

60年になればその境界線がもっと具体的な数値で示されます。

三分の1もしくは4分の1以上は老人だらけとなり、人口もより少なくなっていくそうです。

老人ばっかりなれば今以上に働いているサラリーマンがお年寄りの負担をしていかなくてはなりません。

もしかしたら税金や保険料も今とは比較にならないくらい上がっていくか、何かしら別の対策を取ることだってあり得るのです。

おまけに出生率も毎年低い数値で更新しています。

よく考えてみればわかりますが、この先どんな政策やアイデアを作ったとしても、 子供が沢山増えていく…なんて不可能に近いです。

子供が増えるべきだった団塊ジュニア世代で大きな改革を見せられず、結婚しない人や子供を生まない人も増えていました。

今の時代、既に結婚を必ずしなくてはいけない風潮はなくなってしまいました。

昔は子沢山であることで老後の経済的な部分で補っていくことは出来たが 今じゃ子供がいることに対するネガティブな意見も増え、

結婚して必ず子供を産まなくてはならないなんて…おかしいと疑問に持つ人も増えました。

その他、年収が足りないから結婚を拒む人や、子育てによる教育費が全然足りない、

むしろ自分の生活だけで精一杯って人も多くなり、

子供を産まない選択をする人や結婚しない人も増えるようになりました。

子供が産まれないから人口が増えるばかりかどんどん減っていくのです。

もしかしたら2060年には独身税?みたいなのが入ってきたら更にビックリですよね…。  

コンビニはAl化しているでしょう。

コンビニは既に無人化してきているところや接客に人件費を入れない方式もとられています。

2060年にはコンビニが無人化しているのは言うまでもないでしょう。

それかコンビニに変わるもっと便利な物が出てきてもおかしくはありません。  

給料が少なくなる?

これまでに高給取りだった職種も年代が加速すればどうなるかはわかりません。

昔はバスの運転手でさえ年収500以上、年収800万代の人もいたようです。

今じゃ考えられないですよね。

(そんだけ経済が変化したってことです。)

 

現に今だって、サラリーマンの税金はめちゃくちゃといっていいほどとられています。

総支給の2割3割。

いつの間にか確定申告されて我々の気づかない間のところで取られています。

それが更に進行して行けば確実に手取りの年収が減ります。

そしたらいままで普通の生活をしてきた人がもう普通に生活できないかもしれません。

経済が衰えて悪化していけばお金の信用もなくなっていき、

回る場所がなくなり働く人が大量に解雇される…なんて可能性もでていきます。  

年金で生活できているのか全くわからない。

今でさえ年金のみで暮らせない人がいます。

その多くは年金プラス、派遣やバイトとかでなんとか食いつないでいる状況です。

もちろん働かなくては生活ができないのでお金の為に働くのがデフォルトになります。

ですが、この先年金がもらえる保証はあるのでしょうか。

貰えたとしても、今の年金でさえカバーしずらいのに働かなきゃやっていけない部分は誰でも予想がつきます。  

格差社会がもっと広がる。

金のある人とない人で格差が更に広がると見ています。

令和の時代でも学歴マウンティングや、年収マウンティング、幸福度によるマウントも日常茶飯事で行われています。

これが今以上に目立つようになったら…もう恐怖ですよね。

黙っていられるようならそうしたいですが、相手の感情に漬け込んで優越感を浸りにくる人も少なくはないでしょう。

こころかしこも、今時代、経済力があって自由奔放に生きている人の方が人生楽しそうですし、

毎日が充実しているようにも感じるからです。

お金がある人はよりお金持ちになるように出来ています。

事業に投資したり、資産価値の高い買い物をするので、寝ながら稼ぐ人もいたり、後で放っておいてもお金が増えていくのです。

貧乏な世帯だと会社でもらえるギリギリの給料で車をかったり家を買ったり、収入の中で賄える趣味に散財してしまい、

結果収入が途絶えたら何も出来ない状態になっているのです。

収入の範囲内で暮らしていても固定費が取られ、年間僅かな貯金しかできません。

こんなに働いてまで苦労するなら生活保護の方がまし!と文句を言う人も出てくるでしょう。  

問題はこれだけではない。

もうね。精神的に病んでしまうくらい大きな出来事があると思っています。

おそらく日本に住んでいる8割の方が不安になっているはずです。

今でさえニュースやSNSでネガティブなキーワードで煽ってきたりするので、昔に比べたら悲観してしまう人もいるはずですよ。

この現状を見ていて疑問に思った人はすぐに行動に移していると思います。

逆に今が楽しいからといって何も対策をせずにいると将来後悔するだけの人生になってしまうかもしれません…。

2060年問題までに対策すること。

まずは、勉強しましょう。

世の中の経済を読み取れるように日々学ぶことです。

そしてスキルを身に付けましょう。

当然在り来たりなものではなく誰でも取れるような資格を取得しても同じ道筋にしかなりません。

給料が大きく上がる見込みがないのに資格を取っても資格マニアで終わってしまいます。

それなら今後自分の仕事だけで飯食っていけるように個人で稼げる仕組みを作りましょう。

そして人に価値を与えられるような人になりましょう。

自分の持っている知識を人に教えたり、情報をインプットさせた状態で本を販売してみたり…

とにかく自分の力で収入を得られるようなものを確保していくことです。  

老後、あるいは未来が楽しく暮らせるように生き方を見つけておく。

最近では自己肯定感の言葉をよくききます。

自分は生きているって感覚、誰かに必要とされている感覚。

これが強ければ強いほど、自分を知っているので何か失敗や不安があってもびくともせず生き抜けます。

逆にマイナス方面の川へ行こうとすると余計にそのレッテルが貼られ、

自分は果たしてなんのために生きているのだろう…と悪い方向へ進んでしまいます。

なので、まずは今後どのように生きていきたいのか、 長くいきるための資産形成や、

老後の楽しみ方を充分な位考えておかなくてはいけません。  

今と同じ仕事をしていてはならない。

2060年に差し掛かるまえに Alに殆どの仕事を取られるでしょう。

スキルも能力もない、会社で雇われているだけの人だと、最悪次の行き先はなくなります。

仮に転職したとしても同じ給料水準がもらえるとも限らないし、ガンガン働いてお金を貰う… みたいなシステムが変わっていく可能性だってあります。

世の中のサラリーマンはもう感謝するほど 税金を払っています。

年金と保険料を足したとしてもかなり払っている方だと思います。

それが、老人が増えて若い人たちだけで支えていくとなれば、今より税金が取られる可能性だって0じゃありません。

  働きまくって多くの税金を取られたら…当然やるきなくしちゃいますよね。  

今のうちネットのスキルを身に付けよう。

これからの時代は与えられた仕事だけで会社にぶらぶらしていては駄目なはずです。

残業代を貰うために働く。

タバコ休憩でコミュニケーション

飲みにケーション

満員電車

肉体労働

単純作業

流れ作業

遅くまで働くのが偉い文化

管理職

昔は労力を投下して会社を大きくするためにサラリーマンは頑張ってきたんですが、働いている割りに合わない賃金をもらい続けてきたことによって

 

労働搾取だのブラック労働など、多くの人が資本主義社会から避けるようになっていってます。

そう、気づいている人が徐々に増えてきたんですよね。

だからこそ勘の良い方は言わなくとも察していると思いますが、

副業なり自分で仕事を取っていくなりなんだかの戦略を考えていかないと、手遅れになると思います。

いまはネットがかなり潤っているので、稼ぐ方法なんていくらでも出てきています。

まずはネットのITスキルでいいから軽く勉強していって下さい。

ネットのように外で働くよりPC1つで仕事ができるようになれば、 自由がもっと増えますし、

選択肢もめちゃくちゃ多くなってくるでしょう。  

GOPの差がもっと加速する。

今現段階では、中国やアメリカが最先端をいき、なんでもかんでも新しい発展を促しています。

アメリカや中国はここ数年でかなり成長しています。

特に中国なんかは莫大な成長を遂げたと言えますね。

安くて高品質な商品を日本に持ってきてガンガンうれて、しかも安い製品なのに日本の製品にひけをとらないようなクオリティー。

まさしく中国は経済的な成長があったんだと感じ取れます。

ですが、2050年を過ぎてくる頃にはインドやナイジェリアが上位に入ってくるかもと言われています。

日本はその上ではなくしたです。

それか同じような生活の質になるかもしれません。

人口の数も変わり日本よりもお金持ちがより増えていくであろうとも言われているなか、 人口が増えまくるインドやナイジェリアなど、経済的な市場の発展スピードが速く、規模がもっとでかくなるかもと言われています。

日本ですと、ものずくりでの経済的成長が止まりつつあり、質の良い製品を作れたとしても、他の国と競合したら勝てる見込みはなかなかありません。

単価も変わり、多くの人に提供させていくには 考え方や販売戦略などマーケットを駆使しつつ 別の切り口や方法をアレンジしていかないと厳しいのかもしれません。

あくまでも考え方なので将来的に何がどうなるかは実際に予測は不可能です。

ただ、日々生きているなかでなんとなーくざわつき始めている世の中ですので、いつ不思議なことがあってもおかしくありません。

現に機械やネットの自動化により色んな仕事が奪われているのは本当ですし、

現金の支払いよりキャッシュレス化を本気で取り組み始めたのはここ数年の話。

最初は否定的な意見もありましたが、

結局キャッシュレスで支払いしている人もいることだし…。

これから先は本当にどうなるかは誰もわかりませんし知りたくもありません。

何かあってもいいように事前の対策はしていおくべきですね。  

たった半年で月140万円まで稼いだ情報を公開中!

LINE@追加ですぐに利益が出せる商品ノウハウを無料プレゼント中です!

このノウハウを知ることでいきなり個人の力で稼ぐ能力を養うことが出来ます!

LINEはこちらです→公式ラインはこちら

追加しましたら「プレゼント」と入手すれば貰えます!  

最新情報をチェックしよう!