電車内で副業もok。有意義な時間の過ごし方

電車内を有意義に過ごす2つのやり方

こんにちは!副業で月140万達成しているゆっぺです。

今回は、電車内を有意義に使う2つの過ごし方についてお話ししたいと思います。

なぜこの話をするのかというと、朝会社への通勤や学校への通学とかに電車内で無駄な時間を過ごしている人が非常に多いなぁと思ったからです。

空いた時間は自分のための自己投資や副業の時間を取ってもいいかもですよね。

というのも、電車での移動時間というのは長期的にみると膨大な時間存在するんです。

そんな時間を無思考にスマホやゲームなどに時間を費やすのはめちゃくちゃもったいないです。

ということで、今回は僕が普段から行っている電車内での過ごし方を2種類紹介します。

この機会にぜひ取り入れていただいて、有意義な時間を過ごせるようになりましょう。

早速内容に行きましょう!

電車内にある膨大なスキマ時間について

電車内にある膨大なスキマ時間。

まず、そもそも電車内にはどれくらいのスキマ時間が存在しているのかみなさん把握していますでしょうか?

例えば、会社までの電車時間が1時間であるのならスキマ時間は1時間です。

これを長期的にみると、平日で5時間という時間になるのです。

このスキマ時間を皆さんどんなことに使っているのか思い出してみてください。

僕のイメージからすると、スマホをいじったり睡眠が足りなくて寝てしまっている姿をイメージしたのかなと思います。

おそらくほとんどの人がこのような過ごし方をしていると思います。それはめちゃくちゃもったいないことです。

たまにスマホでニュースアプリで情報収集しているかたもいらっしゃいますが、その内容はしっかりと頭に入っていますか?

ニュースを見て知ったふりをするくらいなら、その日にでもいいのでアウトプットする癖をつけてください。

厳しいことを言ってしまいますが、頭に入っていなかったならその時間は無駄なものとなってしまいます。

知識というのは使えるようになって初めて知識と呼べるのであって、使えないとただの雑学になってしまいます。

なので、そもそも無思考にならないための準備が必要になってきます。

その方法は次に紹介します。

電車内を有意義に過ごしていくための準備

電車内を有意義に過ごすための準備

これは一つだけです。「睡眠」です。

電車内を有意義に過ごすためには睡眠が必要不可欠になっていきます。

睡眠をしっかりとっていなければ、頭がボーッとしてしまってニュースアプリを見ていても単なる流し読みで頭には全然残らないというようなことになってしまいます。

逆に睡眠をしっかりととっておけば、ある程度頭が機能している状態なので、無思考になりにくいです。

とは言っても、睡眠はどのくらい取ればいいのか基準がわかりませんよね?

僕が思うに、睡眠は6時間半〜7時間以上の睡眠を確保するのがいいかと思います。

この時間よりも短くなってしまうと、睡眠不足になってしまうし。

かと言って、9時間とか寝てしまうと脳に悪影響を及ぼしてしまいます。

なので、睡眠をしっかり取るためには6時間半〜7時間の睡眠がベストだと思います。

簡単に言ってますが、中には「夜型だからそんな睡眠時間は確保できない」という意見も出るかと思います。

そんな時は最初の1日、2日間は無理やり早起きするようにしてください。

実際僕はこの方法でやってました。

例えば、いつも寝るのが2時で起きるのが7時だとします。その場合は、寝る時間を変えずに起きる時間を5時とかにします。

そこでポイントなのが5時にしっかり起きることです。そうするとどんなことが起こるのか?

睡眠時間が少なくなりますから、日中寝不足になります。

そう、最初は辛いのです。ですが、これを乗り切れば早起きかつ睡眠時間をしっかりと確保することができます。

いつもより少ない睡眠時間で会社などに行っているわけですから、帰ってくる頃にはすぐに寝るというルーティンを作ることができます。

そうなれば、しめたものです。

いつも夜中に寝てたものが23時ぐらいに寝るようになり、5時とか6時とかの朝型人間に変わることができます。

ここまでできたら次は、いよいよ電車内で有意義に使う過ごし方を紹介していきます。

読書や参考書を読む

読書、参考書を読む

電車内で有意義に過ごすためには「読書」がおすすめです。

読書というのは、自己成長には欠かせないものです。

実際に世の中のお金持ちや充実している方のほとんどは読書を趣味にしています。

なので、電車内では読書をすることをおすすめします。

読書の他にも資格の参考書なんかも読むのもありです。

仮に電車移動が1時間なら、勉強できる時間は1時間です。

これが1ヶ月になれば、20時間以上勉強に費やすことができます。

なので、家に帰ってから勉強する時間がないと嘆く方は電車の中で勉強してみるのがいいかもしれません。

読書も同じです。

「最近、本を読みたいと思ってるんだけど時間がない」と思っている人は電車内にいっぱい時間があります。

1時間の電車時間があれば、早い人で1週間で1冊のペースで本を読むことができます。

こう見ていくと確かに電車の時間って結構あるんだなってことがわかったかと思います。

なので、その結構な時間を無駄にしないためにも明日から行動してみましょう。

イヤホンで勉強をする

先ほどは読書をして電車内を有意義に過ごそう!と言いましたが通勤時間が満員電車だったら、とてもじゃないですけど読書なんてできないですよね?

では、満員電車のかたは有意義に過ごす方法はないのか?答えは否です。

耳があるじゃないですか!イヤホンで音声学習する方法です。

例えば、英会話を勉強したい場合には英会話をスマホに入れておいて、それを流すだけで勉強できます。

他にも、セミナーで録音した音声を流すことで復習する事ができます。

実際に僕もこの方法を実践していて、最初は読書していて目が疲れてきたらイヤホンで音声を流し目を閉じます。

これを交互にやる事で掛け算になり、相乗効果を生み出します。

さらに、何回も音声を聞く事で復習ができるのでいつの間にか頭に残っているなんてこともざらにあります。

そして、音声学習のいいところはなんと言っても受け身の状態で勉強できるということです。

読書とか勉強とかって普通は自分でページを開いたり、ペンを動かしたりとちょっとした労力が必要です。

ですが、音声学習だとやることはスマホをタッチするだけです。

しかも、その1回だけでそれ以上の労力は必要ないです。

あとは勝手に音声が流れていくので、めんどくさがりの方でも気軽に勉強する事ができます。

電車通勤の人をみると、イヤホンで音楽を聞いている方が多いですが、一部の人はこうやって音声学習で過ごしています。

優秀な人というのは、こういうスキマ時間を利用して差をつけているわけです。

なので、ちょっとでも変わりたいと思うのなら明日から音楽から音声学習に切り替えることをおすすめします。

まとめ

・読書をする
・イヤホンで音声学習をする

この2つが電車内で有意義に使う2つの過ごし方です。

これらは電車に限らずバスの中でも、歩いている時でも有効な手段です。

流石に読書しながら歩くのは危ないので、音声学習のみに限りますが。

これら2つを1つでも実行し続ければ成果は出ると思います。

例えば、資格の勉強をしているのなら、電車内の勉強だけで資格が取れたみたいな。

そんな事が起こるのもゼロではありません。

もし、今まで電車内でスマホやメールチェックなどに時間を使ってしまっていた方がいましたら、今後は読書をしてみませんか?

本なんて1冊1000~2000円ぐらいで購入可能です。最初は、難しい本を選ぶ必要はありません。

自分が興味を持った本を選べばいいのです。

音声学習も気軽なものから始めましょう!語学学習は気軽に始められていいかもしれません。

ということで、今回は電車内を有意義に使う2つの過ごし方についてご紹介していきました。

私もバスに乗ったり電車にのる機会がある時はすぐ様スマホを使って副業をします。

それだけ時間効率もいいし、何より時間を有意義に使えているので、そのすべてが得なのです。

日頃何も考えず公共機関を利用している方は今すぐにでも実践してみて下さい。

一年もすれば他の人間と差がついてるでしょう。

最新情報をチェックしよう!